再起へ

関谷投手・大嶺祐投手・島投手・阿部投手・髙濱選手・李杜軒選手・大木選手・伊志嶺選手の来季契約について(10/3千葉ロッテマリーンズ公式)
10月3日(木)、関谷亮太投手、大嶺祐太投手、島孝明投手、阿部和成投手、高濱卓也選手、李杜軒選手、大木貴将選手、伊志嶺翔大選手に来季契約を更新しない旨を通知いたしましたのでお知らせします。
大嶺祐、島、高濱の3選手には育成契約を打診しています。


今日、ゆうたくんに来季の契約は育成契約でという打診がなされた模様です。
個人的には今年初めにトミージョン手術を受けて、来季は再起の年という位置づけで
なんとか支配下で契約してもらえないものかと思っていましたが、そうはいかなかったようで・・・

奥様のインスタ見ている限り育成契約で再起を図るようですので
来季はなんとか投げられるところまではいってもらいたいものです。

私はなかなか直に応援に行くことはできませんが、こそっと(笑)応援します(^^)



それにしてもマリーンズもついに「育成枠」をこういうふうに使うようになったのですね・・・
前々から思っているのですがもう「育成」という言葉には違和感しかないので別の単語に変えてもらいたいところです。
それか「育成」と「故障者」を別にするとか。





あと、こちらも前から感じていることですが、やっぱりNPBは独立リーグ出身者には厳しいなということ。
同じような実力なら確実に独立リーグ出身者から戦力外になっていく。
だから独立リーグからNPBに入った選手は圧倒的な成績が必要。
そういう意味では今年引退を発表したヤクルトの三輪選手は本当にすごい選手だったなと思っています。


今回戦力外通告を受けた選手のみなさまの今後の新たな道が今までより一層ステキなものになりますように☆彡

スポンサーサイト



[ 2019/10/03 ] marines | コメント(0) | TB(-)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する