10/5 九共大vs九産大@FITスタジアム 後編

最後決めたのは



共立の背番号「10」を背負う村井昇汰選手



村井選手もこの4年間いろんなことがあったと思う。
試合どころかベンチにも入っていない時期もあった。

それでもこの「共立の10番」を背負っているという相当な覚悟を
今季の村井選手は見せてくれたように思います。

文句なしの今季MVP。
本当におめでとうございます!



試合後編は続きの方に・・・






土壇場で九産大が追いついて優勝決定戦は延長に突入!



10回表(九産)

先頭4番池田選手初球を打って


ライトフライ

5番安樂選手も初球を打って


ファーストゴロ

6番森松選手1-2から打った打球は


センター犬塚選手ナイスキャッチでチェンジ


10回裏(九共)

先頭2番玉本選手センターフライ
3番望月選手


初球を打った!


センター前ヒット!

4番大城雄選手3-2から見三振も望月選手盗塁成功でランナーは二塁へ
5番渡嘉敷選手BBSwBSwFで3-2からの7球目


空三振でチェンジ!

そう、九共大クリーンアップがすでに交代してるのです・・・


11回表(九産)

先頭7番原國選手3-2から


打った!


セカンド村井選手追いついた!


身体反転させて一塁送球


しかし間に合わず内野安打に

8番八塚選手


初球送りバントも


ファースト大城雄選手猛ダッシュで捕球


当然二塁へ送球


しかしカバーの望月選手うまく捕れず


望月選手転がっちゃいましたがボールは手からこぼれていて
原國選手思わずボール指してました。

九産大は一気に勝ち越しのチャンス到来!


一方の九共大は監督さん登場。
そろそろ交代かな・・・と思いましたが谷川投手続投。
ここぞの大一番でピッチャーを育てている九共大・・・すごいな~

ノーアウト一二塁で9番原田拓選手初球ボールの後・・


あ゛っ!?Σ( ̄□ ̄;)
一塁ランナーが飛び出してしまい牽制に引っかかる・・


一二塁間に挟まれて


そうこうしている隙に二塁ランナー三塁に進塁しようとして野手陣に気づかれる・・


結局二塁ランナーが刺されてアウトに 一塁ランナーは二塁へ

ここにきて九産大痛恨のミスがorz

そしてバッターの原田拓選手は2-2から


セカンドフライでランナー進めることもできず

1番塚本選手2-2から


空振り 捕球できなかったので


一塁転送でチェンジ

先攻めで勝ち越せなかったのは痛いな九産大・・・


11回裏(九共)


九産大ここで結果10回を投げきった伊藤奨投手から温水投手に交代。

先頭6番犬塚選手2-1からショートゴロ
7番村井選手1-2から


ビシッと見三振に

8番宮城選手1-0から


レフトフライでチェンジ


12回表(九産)


向こうが動けばこちらも・・ということで
九共大も好投した谷川投手から岩本投手に交代。

すると先頭2番米澤選手ストレートのフォアボール
3番岩城選手


初球送りバント


きっちり一塁方向へ転がしランナーを二塁に進めます

と、ここで九共大は4番池田選手は敬遠し5番安樂選手との勝負を選択します。
しかしその安樂選手に対して全くストライク入らずストレートのフォアボールで満塁に・・・

なんかこの試合の雰囲気に入りきれてない感じだな~


宮城竜捕手がマウンドへ行き岩本投手と打ち合わせ。
このピンチをどう切り抜けるか!?

6番森松選手

初球  ワンバンを宮城捕手なんとか止めるボール 1-0
2球目


ここでスクイズ!


も、バットに当てきれず・・・


三塁ランナー挟まてアウトに
他のランナーはそれぞれ進塁して2アウト二三塁に状況が変わりました。

3球目 外抜けたボール 2-1
そして4球目


打った打球は


ショート正面のゴロで


一塁送球


アウトでチェンジ!


岩本投手なんとかこのピンチを切り抜けました!

それにしても延長に入ってから九産大の攻撃がチグハグすぎる・・・


12回裏(九共)

九産大セカンド松本選手に交代。


先頭9番井上恭選手の打球


ショート森松選手が捕るのかなと思いきや


最終的にはレフト原國選手が捕球1アウト
ここの球場風が舞うからな~

1番知念真選手2-1から


打った!


センター前!?


いや、これがいるんだな~! この回から代わった松本選手が!


一塁送球!


しかし惜しい!間に合わずセーフ

2番玉本選手の1-0になった時点で一塁ランナー代走は関選手。
そして次の球


打った!いいかんじ!


も、ライト塚本選手ライン際走りこんでナイスキャッチ!

そして一塁ランナー抜けると思ってもう遥か彼方を走っていたので


ボールは一塁に転送され


ダブルプレーでチェンジ!



延長12回でも決着着かず・・・福六では未知の世界へ突入!
この時ワタシはこの決定戦のルール知らなかったのですけど
決着がつくまでエンドレスで行うということだったと後の新聞で知りました。


13回表(九産)


九産大代走からそのままレフトに関選手。

先頭7番原國選手1-1からセカンドゴロ
8番八塚選手


内野に高くバウンドした打球


ショート望月選手がうまくバウンド合わせて捕球し


ギリアウトー!

9番代打木原選手0-2から


三球三振でチェンジ!

すっかりリズム取り戻したような岩本投手。


13回裏(九共)

先頭3番望月選手3-1からフォアボール
4番大城雄選手1-1から


送りバントがちょっと浮いたようになり


これを温水投手が捕球し一旦二塁を見るも


結局一塁へ送球 望月選手滑り込んだのにね。。

サヨナラのランナー二塁に進み5番渡嘉敷選手はバントの構え
しかしこれがストライク入らず3-0になって
次の球はストライクでしたけど渡嘉敷選手バッターボックス外しちゃって
さらにもう1球ストライクでフルカウント
そして6球目


判定ボールでフォアボール


ここで九産大の監督さんマウンドへ

ランナー一二塁から6番犬塚選手BBSBの3-1からの5球目


これまた外れて連続フォアボールで満塁に

次は7番の村井選手。
この状況である意味一番いい打者にこういう場面が回ってくるんだな~

7番村井選手

初球  外ストライク 0-1
2球目 九産大バッテリーここでスクイズ警戒で外す 1-1
そして3球目


ここでスクイズキター! これが難しいところも


くらいついた結果ピッチャー前へ転がる


そこに三塁から望月選手が猛然と走りこんできて


サヨナラのホームイン!! 九共大優勝!


みんなが望月選手を囲んで喜びを爆発させている中
一人違う方向へ向かっている渡嘉敷選手(#23)

g
真っ先に村井選手のところに向かって喜びを分かち合っていました。



こうして優勝決定戦は幕を閉じたのでした。







整列が終わって・・


宮城竜選手が村井選手相手に号泣していました。
この試合に勝ててホッとしたのもあったのかもしれません。よかったですね。

監督さんはじめ多くの方の胴上げの後


村井主将の胴上げ

そして


この試合の陰のMVPと言っても過言ではない谷川投手も胴上げされました。



九州共立大、秋季リーグ戦優勝おめでとうございます!!


スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marinesno1.blog86.fc2.com/tb.php/3185-aa5fcb4f