5/26 福工大vs日経大@FITスタジアム 後半

福工大のセカンドといばワタシの中では矢野丈選手の存在が大きすぎるのですが



するするっと出てきて


気が付いたら捕球していて


おまけにダブルプレーまで取っちゃった!


山ヶ城選手もやりますよ~!



試合後半は続きのほうに・・・





前半は日経大5点のリード。



6回表(日経)


福工大この回から3番手の左古投手に。

1アウト後1番張奕選手0-1からセンター前に落ちるヒット!
2番松尾選手の0-1から


盗塁もここは福工大バッテリーが刺す!

松尾選手2-2から


空三振でチェンジ!


6回裏(福工)

先頭1番吉永選手1-0から


打った!


ショート越えるヒット!

2番岡田選手2-2から


打った!


これが一二塁間を抜けるヒット!
しかも球足遅かったので


吉永選手は迷わず二塁ベース蹴った!


ナイス走塁でランナー一三塁に!

3番代打直野選手3-1からフォアボールで満塁に

4番中山選手
初球 ストレートでストライク 0-1
2球目 変化球でストライク 0-2
3球目 外低めボール 1-2
4球目 三塁方向へのファール 1-2
5球目 外低めボール 2-2
6球目 レフト方向へのファール 2-2
そして7球目


インコースストレートズバッと見三振に!

5番新山選手は初球を打ったらバット折れた感じで


詰まった打球もこれが一二塁間にポトリと落ちた!
しかしこの打球では一塁ランナーは走れなかったので


セカンド石崎選手素早く拾って


二塁転送アウト!
しかしこの間に三塁ランナーはホームインで福工大1点返しました。

尚もランナー一三塁から6番黒水選手
初球 ボール 1-0
2球目 変化球空振り 1-1
3球目 変化球フルスイングも空振り 1-2
4球目 外ストレートボール 2-2
そして5球目


今度はインコース!黒水選手手が出ず見三振でチェンジ!

福工大反撃も1点止まり。


7回表(日経)

空三振、三ゴ、投ゴで三者凡退。


7回裏(福工)


日経大後半の3イニングは美山投手。

遊飛、投ゴときて9番山ヶ城選手を


3-2から空三振でチェンジ!


8回表(日経)


福工大この回から4人目の田中投手。

1アウト後7番喜井選手


初球を打った!


これがセンター黒水選手の頭越えたー!
エンタイトルツーベースに!

8番石崎選手の1-1からパスボールでランナー三塁に
石崎選手は2-1から打って


これが前進守備ショート7回表から交代していた新名選手捕球し


ランナー飛び出していた三塁へ送球 しかし喜井選手一瞬戻り早くセーフに

ランナーオールセーフで一三塁から
9番福永選手
一塁への牽制後初球ボール 1-0
この時一塁ランナー盗塁成功でランナー二三塁に
そして2球目打った打球は


これまた前進守備のショート正面で
今度はゴロゴーだった模様で


三本間に挟まれアウトに。二塁ランナーは三塁到達。

ランナー一三塁から1番張奕選手
初球 変化球空振り 0-1
1球一塁牽制の後
2球目 外ストライク 0-2
3球目 外低めボール 1-2
4球目 わずかに外れボール 2-2
そして5球目打った打球は


セカンド低いライナーキャッチでチェンジ!


8回裏(福工)

先頭1番7回表から交代していた新名選手3-1からフォアボール
2番岡田選手2-1からサードファールフライ ランナーそのまま
3番直野選手0-2から3球三振
4番中山選手1-2から打った打球は


ショート福永選手ナイスキャッチでそのまま二塁転送アウトでチェンジ!


9回表(日経)

先頭2番松尾選手の打球


三塁線の打球 7回表から交代していた山本選手ナイスキャッチで


アウトー!

3番瀬口選手の打球はファーストが捕りきれず出塁
4番張赫選手3-1から打った打球は


センター返しで


田中投手捕れず抜けるか!?という当たり


あれ~全然抜けない!
ショートから守備位置変わっていた山ヶ城選手あっさり捕球して


ショートへ転送二塁アウトから


一塁もアウトでダブルプレー!


9回裏(福工)

先頭新山選手3-2から


空三振に

6番黒水選手0-2から


外の球空三振に

そして7番国師選手2-2から打った打球は


セカンドフライでゲームセット


日経大連勝で勝ち点ゲット☆









来季も見据えたような選手起用だった福工大に対して今季のガチメンバーの日経大。
その時点でまあある程度結果見えていたような気はします。


日経大はこの日も結構打って最後の最後で形になってきた感じしました。
ピッチャー陣の「一人3回」継投も徐々に見慣れてきた(^^ゞ
来季もこれでいくのかしら?
個人的な志向はともかくとして戦術としては全然アリだと思います。
守備はセカンド石崎選手がいい感じでした。

それにしても日経大の監督さん
このリーグ戦中、結局一度もマウンドへ足運ばなかったな・・・
(リーグ戦途中に指摘されて気が付きました)
これが雑誌で読んだ「今年は静観」という意味なんだろうか?


一方の福工大。
二日連続の土屋投手先発は何を意味したのか?
しかし一日で調子立ち直るわけはなく・・この日もコントロール荒れてました。
これもいい勉強かな?
打線は唯一のチャンスだったといってもいい6回に1点しか取れなかったのが響きました。
でも守備はエラーもありましたけどいいものもたくさんありました。
みんなさすが福工大で鍛えられているだけあるなと思いました。


スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marinesno1.blog86.fc2.com/tb.php/2521-b1b89d72