5/26 九共大vs九産大@春日

よくやった!!


と、大瀬良投手に頭をなでられてるのは・・・
(若干つかまれているようにも見える (^^ゞ)



リーグ優勝がかかるこのカード
とにかくこの1回戦をどちらが取るかがカギだと思っていました。
特に勝ち点を取らないといけない九産大にとってはとても大事な試合です。
これまでの両校の打撃の状態を見て、打撃がはまれば九産大にも勝機が・・・
そのためには下平投手に何が何でも踏ん張ってもらわないと!


試合は続きの方に・・・






●九州産業大

1(DH)中山(自由が丘)
2(4)大山(海星)
3(8)長池(延岡学園) 8新名(聖心ウルスラ)
4(3)桐明(九産大九州)
5(5)毛利(稲築志耕館)
6(6)加藤(八重山商工)
7(9)福田(九産大九州)
8(2)米良(都城商)
9(7)大嶋(佐賀商)

P下平(伊万里商)-浜田(宮崎工)


●九州共立大

1(8)手銭(秀岳館)
2(7)新田(浦添商)
3(DH)佐藤(八幡) RD犬塚(北九州市立)
4(7)金子(飯塚)
5(5)今野(大船渡)
6(4)6小瀬戸(長崎日大)
7(2)対馬(駒大苫小牧)
8(3)山内(中部商)
9(6)村井(北大津) H木森(明豊) H宮城(西原) R4鶴(城北)

P大瀬良(長崎日大)



1回表(産)


九共大先発は大瀬良投手。

2アウト後3番長池選手


打った打球は


大瀬良投手捕れずセンター方向へ


セカンド小瀬戸選手止めますが結局投げられず内野安打に。

4番桐明選手


ショート横を抜けるヒットで一二塁に!

しかし5番毛利選手空三振でチェンジ。


1回裏(共)


九産大先発は下平投手。

2アウト後3番佐藤選手1-1からセカンド横を抜けるヒット
4番金子選手


打った!


サード毛利選手横っ飛びも取れずヒットで一二塁に!

しかし5番今野選手


1-2から空振り三振でチェンジ。


2回表(産)

先頭6番加藤選手


初球をセンター前へヒット!

7番福田選手2-0からの3球目


福田選手はバントの構えからバット引いて


ランナー加藤選手飛び出しで挟まれます。。


しかし送球がちょっと逸れ


加藤選手は小瀬戸選手を回りこむような形で二塁へ!
小瀬戸選手は加藤選手に後ろ向きで左腕を伸ばしてグラブタッチに行きます!


で、転んじゃった加藤選手(@_@)


しかし必死の思いでベースにタッチ!
ボールは小瀬戸選手から今野選手か手銭選手に渡されますが・・


コロンと転がってセーフ!


一応監督さんが小瀬戸選手はタッチしたのではと審判さんに説明を求めます。
抗議もちょこっとしたみたいでしたが、程なくベンチへ戻りました。

大瀬良投手は1回に続いてまた二塁にランナーを背負いますが
7番福田選手3バント失敗で1アウト(う~ん。。)
8番米良選手ショートゴロでランナーは二塁に
9番大嶋選手フルカウントからフォアボールでランナー一二塁
1番中山選手1-2から


バット止まらず空三振でチェンジ。


2回裏(共)

2アウトから8番山内選手デッドボールで出塁も
9番村井選手3-2からライトフライでチェンジ。


3回表(産)

先頭2番大山選手ライトの前にポトリと落ちるヒットで出塁
3番長池選手初球送りバントでランナー二塁に
4番桐明選手2-2から


自信を持って見送るもストライク判定で見三振

5番毛利選手2-2から


空振り三振でチェンジ。

毎回ランナーを二塁に進めるも得点できない九産大。


3回裏(共)

先頭1番手銭選手BSBBSからの6球目


打った!


打球は右中間の真ん中を破り


迷いない走塁で一気に三塁へ!

2番新田選手はストレートのフォアボールで一三塁に。


ここで九産大は監督さん登場で話し合い。

3番佐藤選手の打席
下平投手は一塁に牽制を3球入れたあとSBからの3球目


打ったー! 左中間へ2点タイムリー2ベース!!

4番金子選手はライトフライでランナーはそのまま
5番今野選手初球バントでランナー三塁に
6番小瀬戸選手はフルカウントからデッドボール
7番対馬選手の打球は


ファースト桐明選手が壁ギリギリのところで捕球。

まずは九共大が2点を先制!


4回表(産)

2アウト後8番米良選手ストレートのフォアボールで出塁も
9番大嶋選手セカンドゴロでチェンジ。


4回裏(共)

2アウト後1番手銭選手の打球


ショート加藤選手ぐわん!と送球でアウトに。


5回表(産)

先頭1番中山選手BBSからの4球目


打った打球は


そのままレフトへスタンドイン!


九産大1点返します!


ベンチも盛り上がります!!

さらに2番大山選手ストレートのフォアボールで出塁
3番長池選手送ってランナー二塁へ
4番桐明選手SBSwBから結局見三振・・
5番毛利選手BBF(バックネット上)Swからの5球目


打った!


抜けたー!!


一気にホームへ行くか!?というくらいの走りだったんですけど結局ストップ。


さすがにここは九共大監督さん登場。

6番加藤選手SwSからの3球目


全く合わず空振り三振
なんか迷っているうちに三振になっちゃった。そんな感じに見えました。

しかし中山選手のホームランで2-1と九共大のリードは1点に。


5回裏(共)

先頭2番新田選手センター前ヒットで出塁
3番佐藤選手初球で送りランナー二塁も
4番・5番が共にセンターフライでチェンジ。


6回表(産)

先頭7番福田選手の打球はいい感じでセンターへ・・しかし


センター手銭選手飛んだ! そしてダイビングキャッチ!!

しかし大瀬良投手ピリッとせず
8番米良選手から三連続フォアボールで満塁に。
2番大山選手初球ファールの後の2球目


センターフライで


三塁ランナー米良選手スタート!


しかし手銭選手がドンピシャバックホームでタッチアウト!

この回手銭選手の二つの好プレーが大瀬良投手を救いました!!


ベンチに戻ってくる足取りも軽やか♪


6回裏(共)

先頭6番小瀬戸選手センター前ヒットで出塁
7番対馬選手初球送りバントでランナー進めるもその後凡退。


7回表(産)

先頭3番長池選手サードファールフライ
4番桐明選手はこの前の打席までストライクゾーンに対応できていなかった感じで
それなら振っていけ!とばかりに3球空三振。
5番毛利選手も空三振でチェンジ。


7回裏(共)

先頭1番手銭選手ショート横を抜けるヒットで出塁。
2番新田選手の打席で盗塁失敗があり結局空三振。
3番佐藤選手は初球を打って打球はセンター前に。


しかしセンター長池選手がもたっとしているうちに


佐藤選手は一気に二塁へ! ナイスです(^^) (代走犬塚選手)
(記録は1ヒット1エラー)

4番金子選手は敬遠でランナー一二塁
5番今野選手はSwPBBFからの5球目


打ち上げてサードフライでチェンジ。


8回表(産)

センターフライ、ファーストゴロ、ライトフライで三者凡退。


8回裏(共)

1アウト後7番対馬選手の打球はボテボテのサードゴロ
しかしボテボテのあまりサードのダッシュも遅れ・・


ヘッスラでセーフ!
対馬選手も現在4番外れてますがこれが何かのきっかけになるといいですね。

8番山内選手は送ってランナー二塁に
そしてここで代打を告げられたのは・・・


おおーっ!木森選手ではないですか!!

前節の対日経大3回戦で打順を大幅に入れ替えた時に
ついにスタメンを外されてしまった木森選手。
それでも木森選手がコールされると
応援席の皆さんの歓声がひときわ大きかったのを見ると
やっぱりみんなに期待されているんだな~というのを感じました。

ここで左バッターが登場ということで


下平投手降板。。。


浜田投手に交代。

すると九共大も代打の代打宮城選手を送り
九産大もセンターを新名選手に交代。
次の1点はほぼ試合を決めると言っても過言ではないので
両校ともどんどん動いてきました。

そして9番代打宮城選手SFと追い込まれるもそこから3球ボールで
フルカウントからの6球目


ライト前ヒットでつないだ! ランナー一三塁に(一塁ランナー代走鶴選手)

1番手銭選手の初球ワイルドピッチでランナー二三塁になりますが1-1からの打球は


ショートゴロでチェンジ。

ここは浜田投手が何とか踏ん張り、1点差のまま最終回の攻撃を迎えます。


9回表(産)

先頭9番大嶋選手FBBからセカンドゴロ
1番中山選手FFBBからレフトフライ
そして2番大山選手はBFFから


この回から守備交代で久々のショート小瀬戸選手が軽快に捌いてゲームセット!

九共大が大事な初戦をものにしました☆










なんか九共大は「らしい」試合だったな~と。
大瀬良投手は序盤は二塁にランナー背負ったピッチングが続きましたが
要所では三振取れていました。
そして自ら招いた6回の大ピンチでは手銭選手のバックホームに
本当に救われましたね。
ランナーが走りこんでくる全然前にボールが返ってきてましたもん。
それから気合入れなおしたのかヒット1本も打たれることなく完投で7勝目。
打つほうは手銭選手の三塁打からの佐藤選手のタイムリーはお見事!
こういうところを逃さないところが打てなくても勝っていけるところなんだろうな。きっと。
それでもこの日は10安打ですから少しは状態上がっているのかもとも思いました。

一方の九産大。
とにかく序盤のチャンスを生かせなかったこと。これに尽きると思います。
打ち勝つチームなのにとにかくあと1本が出なかった・・・
見えないプレッシャーや気負いがあったのかしら。。
下平投手は細かいコントロールに苦しんでいたみたいで
それで球数もかさんじゃいました。
それでもなんとか佐藤選手のタイムリーによる2失点に抑えて
味方の反撃を待ったのですが・・・
途中降板は無念だったと思います。。



これで九産大は(決定戦含め)3連勝しか優勝の可能性がなくなりました。
まずは2回戦。ここをしっかり戦ってなんとか望みをつなぎたいところです。
そのためには九共大左のエース・川満投手を打ち崩さないといけないのですが・・・
スポンサーサイト




コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://marinesno1.blog86.fc2.com/tb.php/1514-adcbcc1d