動くキャンプ(2月ファーム編)2

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト
[ 2010/03/04 ] 2010marinesキャンプ | CM(-) | TB(-)

薩摩川内番外編~スムーズなカニさばき~

2009年公式戦が終わった後のちびかもめたちを
いろいろなところで結構見てきましたが
ワタシの中で一番印象に残っている選手はやっぱり青松くん。

フェニックスリーグでの豪快なグラスラに始まり
秋季キャンプでの彼にとってはきっととってもきつかった特守や
佐世保の自主トレでのジョーに教えてもらったキャッチボール。
そして今回の春季キャンプ。

これだけ見る機会があると気になるものです。
キャンプでどれだけオフの成果が出ているか見るのがとても楽しみでした。



青松くんのブログにも書いてありますから書いちゃいますが
私がキャンプの見学をした時
青松くんはスローインとバッティングの練習を行っていませんでした。
肘を故障していたようですね。
なので金澤くんと宮本くんがスローインや特打している時は
一人キャッチングを中心とした特守を行っていました。


右手を使わずにキャッチングの練習


そしてもう一つ。
どうやらキャンプ中に青松くんの股関節を少しでも軟らかくするというのが
テーマの一つのようで練習の合間にこのように誰かに上に乗ってもらい
毎日ストレッチ?していました。

20日は金澤くん

金澤くんちょっと楽しそう(^^)

21日は“enjoy”(笑)柳沼さん

後ろから袴田コーチが押してます。


おっ!だいぶ軟らかくなってる!!


こうして少しずつの積み重ねを経て
今回もやってきました、「カニ」の時間。

明らかに昨秋よりできるようになっています!


ちなみに
昨秋のよろよろ姿



とにかく動きが全く違います。
ワタシも今回のすばやい動きにビックリ!
歩くのもやっとの状態でしか出来なかったのが
今はなんと走ってますから!!


動画で見るとその差が一目瞭然です。
よかったら見てください!
今回のはこちら♪
(最後は袴田コーチの愛情出てます(^^))

参考までに昨秋のはこちらでどうぞ~


4ヶ月前まであんなに出来なかった「カニ」が
今はとてもスムーズにできようになっている。
きっとずっとオフの間もストレッチを欠かさずにやっていたんだろうな。

秋から春までの青松くんを見ていると
「やればできる」
「継続は力なり」
をあらためて教えてもらった気がします。
ワタシもいろいろ頑張らねば。


昨年より競争が激しくなっているキャッチャー陣ですが
今年こそはぜひマリンでマスクを被ってほしいと
願わずにはいられませんでした。

青松くんにとって今年は飛躍の年になりますよう☆彡

薩摩川内キャンプリポートその6

平成22年2月22日。
(にゃんにゃんにゃんにゃんにゃんの日♪)
いよいよ見学も最終日。

いつものランニング。

アップの時点からジャンパーを脱いでいるメンバーはいつもほとんど同じ。
相原くん、フルタクくん、そして生山くん。
寒いと途中でまた着ちゃったりするんですが(笑)
この日は暑かったので再び着ることはなく。

いつものコーチ陣との談笑の後ひとり腹筋する慶彦監督。

体型維持のためにはこれぐらいやらないと!?


この日は秋にやっていたトレーニングを久々に見ました。

馬跳びから股下をくぐるやつとか


パートナーをおぶって1周させるやつとか。


あと、これは何だったんでしょうか?

見ているだけではよくわからなかったんですが動体視力を鍛えていたんですかね?



その後は投内連携。

ほぼ一人でサードの練習。細谷くん


ファーストな清田くん


吉田くんの返球を


こーいちさんがファーストへ送球!



最後の最後に少しだけブルペン見ました。

カワサッキーはやはり格が違いました。

ブルペンでもただ投げるのではなく
1球1球にきちんと意味を持たせて投げていました。


投球の途中でもこうして若いブルペンキャッチャーさんと話をしていました。


と、この辺で帰る時間になってしまいました・・・



今回もたくさんのみんなの頑張る姿を見ることができて
本当に幸せな時間を過ごさせていただきました。
みんなありがとう(^^)

今日からちびかもめのみんなも教育リーグが始まりました。
まずはそこで、これまでの練習の成果をたくさん発揮してください!
みんなならそれが絶対出来ると思います。

そしてたくさんのちびかもめがかもめになって巣立って行く日を
本当に楽しみにしています☆彡

動くキャンプ(2月ファーム編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
[ 2010/03/01 ] 2010marinesキャンプ | CM(-) | TB(-)

薩摩川内キャンプリポートその5

前回の続き・・・

前回より

吉田くんとのトスバッティングに励む宮本くん

すると・・・


慶彦監督がやってきて指導




とにかくいろんなことを教えていました。

慶彦監督が実際に打って教えてもいました。



とても長い指導でした。
この時の指導の様子(最後のほうですが)はこちらでどうぞ♪
(パス制ですがパスはきっとすぐにわかります)
慶彦監督のジャスチャーに吉田くんが一緒に動いているのがいいです(^^)



この後の打撃練習の時も指導入ります。


宮本くん、慶彦監督の指導のおかげでこの日の特打もより効果的だったのでは。
(それにしても通常の打撃練習の直後から特打で相当きつかったはず)

特打のあとは室内でスローインの練習
始めは袴田コーチとマンツーマンだったんですがだんだん増えてきて・・・

この後慶彦監督も加わり4人がかりで指導です!

コーチ陣からいろんなことを指導されましたが
「2つのことは一度にできない」(by宮本くん)らしく、大変苦労していました。


この日は本当に宮本くんデーで。
こんなにコーチ陣が集まって一人の選手を指導することなんて
私もほとんど見たことありませんでした。
宮本くんにとってすごく実りある1日だったことと思います。


練習の締めは生山くんとグラウンドでダッシュ対決。
2人とも必死に走っていました。
最後は生山くんの
「ハムストリングス~!!!」
という叫びと共にグラウンドを後にしたのでした・・・


長~い1日、本当にお疲れ様でした!!