アートな日

今日はこちらを観に行ってきました~



特に気に入った版画のポストカードをお買い上げ~
いい展覧でした(^^)

スポンサーサイト

今日もよかった!

マリーンズ 1-1 ドラゴンズ(3/22 ニッカン式スコア)

今日は投げるかも?って気が付いて録画しておかなきゃとまで朝思ったのに
次気づいたときはすでに家出た後でした。。orz

まあ昨日職場の飲み会で今日朝が早い出勤だったのでバタバタの中で忘れてしまったのです。

結果的にパリーグTVのイニング動画で確認。

今日も無失点!(・∀・)イイネ!!
ただ起用法はやっぱり中継ぎみたいで。
(この間アップされていた公式動画でブルペンで投げていたの見かけたので・・)

まあ場所はどこでもいい!
伊東監督からは相変わらずの高評価みたいなので。

ゆうたくんはゆうたくんの準備をしっかりするだけ。


お疲れ様でした!!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


14イニング連続0封! ロッテ大嶺祐は「助かる使い方」、第2先発プランも(3/22 Full-count)

■防御率1点台の投手陣は質、量ともに理想的…監督「頭数はそろっている」
 オープン戦1点台のチーム防御率で、ハイレベルなチーム内競争を繰り広げるロッテ投手陣。その中で、大嶺祐太投手が22日のオープン戦・中日戦(ZOZOマリン)でも好投した。8回からリリーフし、2イニング30球を投げ、1安打無失点。オープン戦14イニング連続無失点投球を続け、開幕1軍を決定づけた。
 「いろんな使い方ができる。長いイニングも任せられるし、ありがたい存在。佐々木と2人で1試合いってくれれば、助かる使い方になる」と英二投手コーチ。ドラ1ルーキー佐々木と開幕ローテの椅子を争っているが、チーム状況によっては、WBCでいう第2先発的な使い方も視野に入れているようだ。
 開幕投手の涌井、石川に続いて唐川の評価が高く、スタンリッジ、先発転向の西野も実績からいって外せない。昨年7勝を挙げた二木は、ドラフト2位ルーキー酒居とともに2軍で調整しており、英二投手コーチは「4月中に1軍先発1度は約束している。肘に不安がある西野は休ませながら」と説明。ローテ5、6番目は、ルーキー佐々木の起用法を含めて流動的のようだ。
 「どっちにしても、頭数はそろっている。入れ替えはできるし、(開幕から)出番がなくても必ず来る」と伊東監督。ロッテ投手陣のスタッフに関しては、質、量とも理想的な形で開幕を迎えそうだ。

【了】
細野能功●文 text by Yoshinori Hosono



3/22 マリーンズ対ドラゴンズ ダイジェスト(3/22 パリーグTV)


出陣式!

パ・リーグTVで見ました!


『チームに貢献』

がんばれー!\(^o^)/

よしよし!(2回目)

マリーンズ 5-0 スワローズ(3/14 ニッカン式スコア)

今日はマリンでオープン戦初戦!
ゆうたくんが2番手で登板し3回を被安打1四球1の好投!
よかった!
録画しといて!(え?)

録画は後日ゆっくり見まーす。

ひとまず伊東監督も評価しているみたいなのでよかった~。
今季は競争が激しいからどうなるかわからないけど
よりよいポジションで開幕を迎えられますように。

お疲れ様でした!!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*


ロッテ大嶺祐太12回連続無失点 伊東監督も評価(3/14 日刊スポーツ)
 ロッテ大嶺祐太投手(28)が3回を無失点に抑え、オープン戦3試合で12イニング連続無失点とした。
 5回から2番手で登板。140キロ台中盤の直球にカーブやフォークを織り交ぜ、安定感抜群の投球を披露した。大嶺祐は「カーブはいい感じだったし、点を取られたくないからフォークも使った。まだ直球がボール2つくらい高いので、次は修正したい」と話した。
 角中、清田と主軸を欠きながらオープン戦3連勝。伊東勤監督(54)は「(大嶺祐は)ずっといい。今年にかける意気込みを感じる。今日はいいゲームだったね」と目を細めていた。


ロッテ・大嶺祐、12回連続無失点も「まだ直球が球二つほど高い」(3/14 サンスポ)
ロッテ 大嶺祐が12回連続無失点も「まだ直球が球2つほど高い」(3/14 スポニチ)
 (オープン戦、ロッテ5-0ヤクルト、14日、ゾゾマリン)ロッテの大嶺祐は3回を無失点で乗り切り、オープン戦3試合で計12回無失点とした。五回から2番手で投げ、速球とカーブ、フォークボールを織り交ぜてヤクルト打線を1安打に抑えた。
 目標の先発ローテーション入りへ「結果を残さないといけない立場。準備ができている」と言う。仕上げの時期に入り「まだ直球が球二つほど高い。低めを意識して投球したい」と課題を挙げた。


昨季1勝のロッテ大嶺祐、OP戦12回0封! ローテ大前進 監督「嬉しい悩み」(3/14 Full-count)
■ヤクルト戦3回1安打無失点、昨季は1勝で防御率6.49「やり返したい」
 ロッテ・大嶺祐太投手(28)が開幕ローテーション入りへ、大きく前進した。14日のオープン戦・ヤクルト戦(ZOZOマリン)、スタンリッジに続く2番手で5回から登板。3回1安打無失点で、オープン戦3試合12イニング無失点と結果を出し続けている。
 涌井、石川に続く残りローテ4枠を、スタンリッジ、唐川、二木、関谷、ルーキー佐々木、酒居らで激しく争う。大嶺祐について、伊東監督は「結婚もして、気持ちの面でね。真っすぐはもともと速い。(開幕ローテに)嬉しい悩みですね。じっくり考えます」と大きな手応えを感じている。
 プロ10年目の昨季は、わずか1勝で防御率6.49と散々。大嶺祐自身も「昨年の秋から、キャンプとやってきたことが間違いじゃなかった。しっかり準備できている。そこを継続していきたい」と収穫を挙げ、ローテ争いについて「相手を気にしている暇はない。昨年、すごい悔しい思いをしたので、いい意味でやり返したい。反省点はカーブのコントロールと、真っすぐがボール二つ高い」と修正点は明確だ。
 7回2死二塁ではヤクルトの新外国人グリーンにフォークの連投で三ゴロ。結果にも必死でこだわっている。歌手で女優の琴菜と昨年2月、10年越の交際を実らせて入籍した。プロ11年目。弟の翔太とともに充実のシーズンが始まりそうだ。

【ロッテ・大嶺祐、オープン戦登板成績】
○2月25日・ヤクルト戦
 5回/被安打3/四死球1/三振2/失点0
○3月7日・楽天戦
 4回/被安打1/四死球2/三振2/失点0
○3月15日・ヤクルト戦
 3回/被安打1/四死球1/三振0/失点0
計=12回/被安打5/四死球4/三振4/失点0

【了】
細野能功●文 text by Yoshinori Hosono



3/14 マリーンズ対スワローズ ダイジェスト(パ・リーグTV)


おにぎり食べに行って来ました

この週末はスポニチ大会を観戦にいざ東京へ!


初めての大田スタジアムです。

JR九州の試合を中心にしたのでね。

今日は試合開始まもなくカメラがぶち壊れるという悲劇に見回れ(T△T)
でもお友達がカメラ貸してくれて...感謝感謝m(__)m

そんなこんなのことはまた後日~